堺市鳥瞰図



堺市鳥瞰図 


昭和10年(1935年)
    吉田初三郎 画
    堺市博物館 蔵
    イオンモール堺鉄砲町 複製展示
 



 「堺市鳥瞰図」は、大正の広重と呼ばれた吉田初三郎が昭和10年に描いた作品です。絹本彩色で横327センチ縦75センチの大きなもので現在、堺市博物館の所蔵となっています。
 この鳥観図は、吉田初三郎が当時の堺市長に懇嘱されて単に案内図としてだけでなく後世のために昭和初期の堺を伝えたいと完成されました。
戦前の堺を一目瞭然に知ることができます。

イオンモール堺七道鉄砲町展示





 

 

 

 

 




赤線枠内が少林寺町西3、4丁と新在家町西3、4丁
堺だけ丁目ではなく丁となります。

現在の大浜灯台。当時からは少し移動はしていますが灯台本体は当時のままです。
明治10年(1877年)旧堺港に建築されたさ11.3m。現存する木造洋式灯台としては、福浦灯台、旧安乗埼灯台と並ぶもっとも古い灯台です。
大浜灯台を東から西(大阪湾)に見た風景。
※大浜灯台へは南海本線堺駅下車、大浜公園方面へ歩いて15分。

現在の旧堺港

 

旧堺港を西に見た風景


 


 

 

旧堺港に陽が沈む瞬間

 

 


 

 

 

堺市の海岸通り

堺市旧国道26号線を現在も海岸通りとして名称が残っています。

もし、臨海工業地帯の埋め立てがなかったとしたら東洋一の砂浜が堺港から羽衣までを見通せるような観光地になっていたことでしょう。

筆者が幼い頃はまだ石津で汐井狩りをしていた記憶があります。