堺市鳥瞰図



堺市鳥瞰図 


昭和10年(1935年)
    吉田初三郎 画
    堺市博物館 蔵
    イオンモール堺鉄砲町 複製展示
 



 「堺市鳥瞰図」は、大正の広重と呼ばれた吉田初三郎が昭和10年に描いた作品です。絹本彩色で横327センチ縦75センチの大きなもので現在、堺市博物館の所蔵となっています。
 この鳥観図は、吉田初三郎が当時の堺市長に懇嘱されて単に案内図としてだけでなく後世のために昭和初期の堺を伝えたいと完成されました。
戦前の堺を一目瞭然に知ることができます。

イオンモール堺七道鉄砲町展示





 

 

 

 

 




赤線枠内が少林寺町西3、4丁と新在家町西3、4丁
堺だけ丁目ではなく丁となります。

現在の大浜灯台。当時からは少し移動はしていますが灯台本体は当時のままです。
明治10年(1877年)旧堺港に建築されたさ11.3m。現存する木造洋式灯台としては、福浦灯台、旧安乗埼灯台と並ぶもっとも古い灯台です。
大浜灯台を東から西(大阪湾)に見た風景。
※大浜灯台へは南海本線堺駅下車、大浜公園方面へ歩いて15分。

現在の旧堺港

 

旧堺港を西に見た風景


 


 

 

旧堺港に陽が沈む瞬間


 どうして『海岸通』かって、それは2012年の夏。堺港に出かけ海岸べりを歩いていた時そう堺は私のの幼かったころはまだ砂浜があって海岸道があったのにこんなに埋め立ててしまってとどこまでこの道はあるんだろと思いまず灯台を目出して歩きだしました。
夕日は海に沈むときの光景は1秒ごとに変化をしていきます。

そんな時に伊勢正三さんの『海岸通』を口ずさんでいました。

ほら見てごらん堺市鳥瞰図、新在家濱の西側に海岸があるそして水上機の飛行場もきっと素晴らしい光景だったのだな・・・


Hi-Res 24bit/48kHz  wav  69MB
海岸通『風ファースト・アルバム』1975年Original

Hi-Res 24bit/48kHz  wav  69MB
海岸通『風』1977年渋谷公会堂LIVE

Hi-Res 24bit/48kHz  wav 75MB
海岸通『伊勢正三ソロライブ』1980年武道館

Hi-Res 24bit/48kHz  wav 73MB
海岸通『風ひとり旅』2010年~現在

Hi-Res 24bit/48kHz  wav 69MB
海岸道 2014年なごみーずスタジオ録音盤

 

『海岸通』
作詞作曲:伊勢正三

 

※1975年6月5日、風のオリジナル・アルバム『風ファーストアルバム』の収録曲として発表された。
1975年度のオリコンアルバムチャート1位。なごり雪、22才の別れの作詞作曲も伊勢正三の作品である。



1973年かぐや姫の『神田川』がミリオンセラーとなる、その時のことを小田和正次のように語っている。

『僕らのグループオフコースとかぐや姫は同じ事務所にいてかぐや姫のコンサートの前座を僕らはやっていたんだ。かぐや姫のコンサートは日を追うたびにあっという間に満員になっていく、僕らは前座の30分程度の時間をもらい数曲歌うんだこれで最後の曲ですと言ったときすごい拍手が…それは、次はかぐや姫のコンサートであるということの拍手だったんだ。あの時は本当にうれなかった。いつも家に帰ると母親が今日はどうだったて聞くのだけれど、それは言えなかったな。中でも伊勢正三(正やん)は凄い才能があると思った』

8ビットから16ビットに音楽が変わっていく過程だったのだと思います。

 

 

Hi-Res 24bit/48kHz

『なごり雪』

作詩作曲:伊勢正三

汽車を待つ君の横で僕は
時計を気にしてる
季節はずれの雪が降ってる
東京で見る雪は これが最後ねと
さみしそうに君がつぶやく
なごり雪も降る時を知り
ふざけすぎた季節の後で 
今、春がきて 君は きれいになった
去年よりずっと きれいになった

動き始めた汽車の窓に 顔を付けて
君は 何か言おうとしている
君の唇が「さよなら」と
動くことが怖くて下を向いてた
時が行けば 幼い君も
大人になると 気付かないまま
今、春がきて 君は きれいになった
去年よりずっと きれいになった

君が去ったホームに残り
落ちてはとける雪を見ていた
今、春がきて 君は きれいになった
去年よりずっと きれいになった

 

 

Hi-Res 24bit/48kHz

『22才の別れ』

作詞作曲:伊勢正三

あなたに「さよなら」って
言えるのは今日だけ
明日になってまたあなたの
暖かい手に触れたらきっと
言えなく なってしまう
そんな気がして ・・・・・
私には鏡に映った
あなたの姿を見つけられずに
私の目の前にあった
幸せにすがり ついてしまった

私の誕生日に
22本のローソクをたて
ひとつひとつがみんな君の
人生だねって言って
17本目からはいっしょに
火をつけたのが 
きのうのことのように ・・・
今はただ5年の月日が
ながすぎた春といえるだけです
あなにたの知らないところへ
嫁いでゆく私にとって

ひとつだけ こんな私の
わがまま聞いてくれるなら
あなたはあなたのままで
変わらずにいて下さい 
そのままで

 

 

Hi-Res 24bit/48kHz

『置手紙』

作詞作曲:伊勢正三

君はまだたくさんの
紙袋をかかえたままで
この手紙読んでいるだろう
これで最後の男の気まぐれとして
どこか そこらの窓からすててくれ
君となら 一緒に暮らしたかった
二人でいつも 立ち止まってしまう
あの赤いレンガの家で・・・・・・
ルンルン ルルル ルンルンルン・・・・
今日の 淋しさは風に ごまかされて
いつまでも 消えそうもない

ぼくの ほんのひと言が
まだ二十前の君を
こんなに苦しめるなんて
だから行き先は
僕の友達に 聞いてくれ
君に会わないで行くから
今頃は僕もまた 昔のように
どこかの街の カフェテラスで
ビールでも飲んでいるだろう
ルンルン ルルル ルンルンルン・・・・
君が 帰る頃は 夕暮れ時 
部屋のあかりは つけたままで

 

 

 

Hi-Res 24bit/48kHz

『わかれ道』
作詞・作曲:伊勢正三

ああ 君の長い髪と 胸のふくらみを
愛して 時は流れた ついきのうまでは
もう もどれない 道二つ 
分かれて 歩き始めて
別れた ことに 気づいた

ああ ぼくの心の中に 寂しい椅子がある
そう昔 君もそこに すわっていたんだね
ああ 君といた頃は 誰にも  愛は一度
めぐると 知って いたのに

ああ六本木の街に降る雨が 
街ゆく人達の 肩を濡らして
もう少し早く 
ほんとうの愛を知っていたらと
誰もが後悔しながら 歩いてる

ああ 君がいた頃は 
酒にも飲まれることは
なかったことに 気づいた


 

 

Hi-Res 24bit/48kHz

『ほおづえをつく女』

作詞作曲:伊勢正三

振り向きもせずに男は去った
女は半年泣き続けた
薄暗い部屋で
ほおづえをついたまま 
幸せな日々を 思い出していた
何故捨てられたのかも
わからないまま 
女は半年 泣き続けた


新しい季節が女を変えた
出会いを求めて街に出た
髪を切り胸の ボタンひとつはずして
化粧直して 女は生まれ変わった
お茶を飲みながら
ほおづえをついたまま 
女は男をさがしつづけた


女はそっとタバコくわえた
男はすかさず火をつけた
かげりある女は
とてもきれいに見える 
思わず誰でも 手をさしのべたくなる
灰皿の中の古い燃えさしがまた
新しい炎で燃え上がった


数える間もなく時は流れた
振り向きもせず男は去った
なれすぎた暮らしに女は甘えすぎて 
男の心にまで
ほおづえをついてしまった
夜空の星がとても美しいのは 
ほんのすこし光っているから

 

 

Hi-Res 24bit/48kHz

『男は明日はくためだけの靴を磨く』

伊勢正三 作詞・作曲

夕暮れの街並が
少しずつ暗くなってゆく 
ひとりの男が、今日も
坂道を降りてくる
アパートのドアを開け、
手さぐりで灯をつけた時
今日一日が
ふと目の前を通り過ぎる 
ひとり暮らしは
気楽と 言えばいい

過去のことは 思い出さず、
これからのことは 解らない
男は明日はくためだけの靴を磨く 
その日暮らし していても、
ほらこんなに
幸せだと大きな声で
笑える日もいつかはくる 
時の流れに
身をまかすのもいいさ

やさしい女が
どこかにいたような 気がする 
そんな気持ちに、
たとえ答えられなくても
男なら、恋心をさりげなく
ポケットに入れて 
そのあとでそっとどこかで
取り出してみたとき
熱い思い出 静かに消せばいい

男なら 夢のひとつ、
くつがえすこともできるし
夢からさめたら また新しい
夢を見ればいい 
窓辺で 枯れてゆく、
一輪ざしの花でさえ
この部屋の中で、
せいいっぱいに 咲いていた 
そんなちいさな
生きざまをみつけたい

 

 

 

Hi-Res 24bit/48kHz

『ほんの短い夏』

作詞作曲:伊勢正三

都会に星屑を ちりばめた
街の灯も いつかはにじむ時を
恐れていたよ 今夜の「おやすみ」は
いつもとは違うみたい
君は振り向かずに 人波に消えていく
ほんの短い夏 ささいなこと
分かり合えなくて
こんなになるはずじゃ ないのにどうして
いつものように 送ってとは言わないの

どこかに意地悪な
もうひとりの 君がいて
ほんとの気持ちだけを 隠してしまうよ
最後の地下鉄が 街の下くぐり抜けて
君が僕の時計を 遅らせたと知った
ほんの5分だけの 君の願い
ずっと気付かずに
君が言葉には 出来なかったこと
僕は知らずに 季節は過ぎてゆくよ

ほんの短い夏
風を少し 冷たく感じた
こんなに好きなのは 分かっているくせに
いつものように 送ってとは言わないの
にじんだ夜を ひとり抱きしめたままで

 

 

Hi-Res 24bit/48kHz

『お前だけが』

作詞作曲:伊勢正三

たとえ この世界で一番きれいな人が
ぼくを好きだと言っても
たとえ この宇宙で一番きれいな星を
ぼくにくれると言っても
ぼくは何もいらない
お前だけが お前だけが
お前だけがいてくれたら それでいい
お前のやさしい笑顔が そこに
あれば それでいいのさ

ぼくとお前の可愛い子供が生まれたら
写真をみせて言うんだ
これがパパのママの若い頃の写真さ
どうだ 今も変わらないだろうと
朝日がもう差し込んでくる
お前だけを お前だけを
お前だけを 愛しているから
夜がとても短すぎて
愛を語り尽くせない

夜がとても短すぎて
愛を語り尽くせない

 

 

Hi-Res 24bit/48kHz

『海 風』

作詞作曲:伊勢正三

海風 海風 海風 吹いてた
あの頃 いつの時も
潮の満千に すべてを感じて
幼な 心に 吹いた
淋しい時 とても淋しい時
今も ぼくの なぐさめに 吹くのは 
海風 海風

海風 吹いてた
今は ここにいるけど
時の流れが ぼくを変えても
今も故郷に 吹く
あの日の夢 とてもきれいな 夢
今のぼくに 何かを残してくれた 海風
海風 ・・・・・・

 

 

 


 

堺市の海岸通り

堺市旧国道26号線を現在も海岸通りとして名称が残っています。

もし、臨海工業地帯の埋め立てがなかったとしたら東洋一の砂浜が堺港から羽衣までを見通せるような観光地になっていたことでしょう。

筆者が幼い頃はまだ石津で汐井狩りをしていた記憶があります。